トロント大学カナダ留学日記2016〜

2016年の9月からカナダのトロント大学に進学している20歳です! 統計学、メディア学専攻です。 これからの4年間の大学生活のことを綴っています!

2016冬面白かった本!

{2C73A2B0-B938-4BB2-B104-0813325742E4}

 

明日の夜数学のテストがあるので

 

冬休み開けて早々ガチ勉強してます。
 
今日は2つの授業を受け
その後は一歩も外に出ず
引きこもりです笑
 
ルームメイトがご飯不味かったっていうから
インスタントのラーメンたべました笑
 
飛行機で爆睡しちゃったから
普通に時差ボケで朝の4時に起きて
そのまま寝れなくてyoutube見てたりしてたので、
授業中眠すぎて、教授の話が長すぎて
頭カクンカクンじゃなくてグラングランでした笑
 
あーやばいなー。
 
明日テストなのに、、
 
一応勉強はしてますよ!
 
休憩でブログ書いてます!
 
今日は冬休み中に読んだ2冊の本が
両方とも面白かったので紹介します!
 
{F0C826EF-2EDD-4CE3-9F68-AF8EC78EBC26}

もともと本読むの好きで
高校の時は忙しくても通学中の
電車の中とかで本を読んでたんですけど
大学に入って、「通学中の電車」がなくなり
勉強が大変になったので全然本を読めてなかったんですね、、
 
冬休みに日本の本屋さんいったら
年末だったから、なんとかが選ぶ本第1位!
みたいな本が沢山あってテンションあがりました
 
{22D21DDB-CC70-434F-9C52-25EDDCF3AD52}

まず最初に買ったのが
「神の子」という本です
  
神の子(上) (光文社文庫)

神の子(上) (光文社文庫)

 

  

神の子(下) (光文社文庫)

神の子(下) (光文社文庫)

 
 
上下巻で一冊800円くらいするから
ちょっと高いけど、文庫になってたので
買ってみました〜!
 
IQがすっごい高い主人公が
ある理由で殺人を犯し、少年院に入れられ
少年院を脱走したり、彼をとりまく闇の組織てきなものと戦ったり戦わなかったり
みたいな内容です笑
 
主人公の少年時代から
大人になるまで描かれてるので
登場人物もシーンも多くて、一気に読まないと忘れちゃいそうです!
 
でも一気に読めるような
スピード感のあるお話でした。
 
まだ下巻を読んでる途中なんですけど
また物語がおもしろい方に展開されてってて
数学なんかやってる場合じゃない!って感じです笑
 
{F2373BEF-7D94-4F8E-A753-A9650A8B3D1C}

2冊目はこれです!
 
「雪の鉄樹」
 
雪の鉄樹 (光文社文庫)

雪の鉄樹 (光文社文庫)

 
 
本の雑誌が選ぶ1位という見出しに惹かれて
書いました。
 
これはここ2、3年で読んだ本の中で
1番と言っていいほど、すごく綺麗なお話でした。
 
物語自体は、これも殺人が絡んでくるんですけど、作者の描写の仕方とかがすごく綺麗だなーって思う場面が何度もありオススメしたい本です!
 
冬休みに3冊(まだ1冊途中だけど)も読めて良かったです♡
 
トロントにいてもkindleを持ってるので
日本の本も英語の本も安く買えるので
今年は忙しいと言い訳せず色々読んでいこうと思いまーす♡
 
{31F39443-EAC2-490D-9E36-452D25F6E261}

すでに恋しい妹ちゃん。
 
お姉ちゃんがいなくなって
静かな平和な暮らしをしてることでしょう笑
 
明日のテストがんばりまーす💓