トロント大学カナダ留学日記2016〜

2016年の9月からカナダのトロント大学に進学している20歳です! 統計学、メディア学専攻です。 これからの4年間の大学生活のことを綴っています!

大学の選び方

今日もまた特に書くことがないので

いただいた質問について書きたいと思います!
 
 
質問ありがとうございます!
 
いただいた質問は、海外大を受ける受験生にとって
アイビーリーグがどの辺に位置付けられているのかというものですね
 
私はアイビーリーグは受けませんでした。
 
理由1)SATのスコアが全然足りない
理由2)学校の成績も足りない
 
見ての通り、成績がそもそも足りてないので
受ける資格がなかったんですね。自信もなかったし。
 
アイビーリーグを受ける人は
SAT、TOEFLもほぼ満点とらないといけないし
IBスコアとかも満点近く取る必要があります
 
それはなんでかっていったら
そうゆうスコアを持ってる人が受験生にたくさんいるから
成績が足りてない時点でその人たちに勝てないというわけです。
 
まあ言い訳になりますけどね、、
もっと勉強すればよかったって。
 
私の印象ですけど
アイビーリーグの人たちに「ガリ勉」という印象はないです。
 
YaleとかHavardとかに知り合いいるんですけど
みんな勉強以外にも音楽だったり、美術だったり
何か秀でてるものを持ってるんですね。
 
ずっと机に向かってカリカリ勉強しているという感じではないんです。
 
印象はガリ勉ではなくて、「天才」ですね。
 
そもそもオーラが違うというか笑
ただ、Upennはガリ勉ってイメージ笑
 
人それぞれではあるんですけど
東大生みたいに、東大合格を目標にずっと受験勉強するって感じではなくて
ハーバード一本みたいな人はあんまりいなくて
本当に大学に選ばれた人たちなんだなって感じです。
 
私の知り合いのYale生には、アイビーリーグだけ受けたとかいう人がいたり
Havard生は親に内緒でハーバード受けたとか
え?って感じな人がたくさんいるわけです笑
 
で、ここからは私がどうやって大学を選んだかを書きたいと思います。
 
まず、アメリカは広いです笑
 
カナダだと名門と呼ばれる大学が
UofT UBC McGillのトップ3と言われるんですけど
アメリカはアイビーリーグ、リトルアイビー(リベラルアーツの名門校)、セブンシスターズ(女子大の名門校)、西のアイビーリーグとか
名門って呼ばれる大学が20校くらいあるんです。
 
学部で分けたら、もっと違う大学出てくるし。
 
だから大学選びは本当に大変です。
 
とりあえず私はお父さんが西はだめって言ってたので
東のほうで候補をいくつか絞って行きました。
 
それと、アイビーリーグを受けられるような頭は持ってないけど
一応プライドがあったので、大学ランキングの1ページ目に
載ってる大学に入ろうと決めてました笑
 
高校の受験対策のカウンセラーに話に行った時は
3ページ目くらいまで候補に入れたら?って言われていたので
一応1ページめのUofT(22位)に入れたのでよかったです。
 
最初にランキングを見て、
行きたい学部で有名な大学を見て
そこに行ってる先輩から話を聞いたり
カウンセラーと相談してっていう手順で決めました。
 
最初はリベラルアーツに行きたかったんですけど
自分の勉強したいことが決まっちゃったので
総合大学に志望校を変更したりと
色々カオスでした笑
 
私の受験結果は
もうこの世の終わりかと思うくらい悲惨だったので
語れるような人ではないんですけど
UofTは周りのレベルも本当に高くて
お互いを刺激し合いながら勉強だったり
他の課外活動にも力をいれることができるので
いい大学だと思います。
 
最近は、生活にもなれ、勉強の仕方もわかったので
毎日なんとか楽しくなってます笑
 
今学期は友達と授業がかぶってて
ランチも一緒に食べるから1時間半くらい居すわっちゃうっていう
問題もあるんですけどね笑
 
という感じです!
 
 
 
 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ランキング参加してます!
質問、メッセージ、読者登録よろしくお願いします💓

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村