トロント大学カナダ留学日記2016〜

2016年の9月からカナダのトロント大学に進学している20歳です! 統計学、メディア学専攻です。 これからの4年間の大学生活のことを綴っています!

自分の3つの弱み

今日社会学のエッセイを提出して、あとは期末試験だけです!来週の土曜日にはジャパンです!

 

今日はある会社のサマーインターンの選考面接がありました。

友達がそこに新卒で今年入って楽しそうでインターンもおすすめされたので受けてみました。

 

今週全然日本語話してなかったから、ろれつが所々回らなかったり、英単語を使ってしまったりと面接前にちゃんと日本語話しておこうって思いました笑

英単語っていうのは、「競合」っていう単語がでてこなくて、コンペティターって言ったり、「選挙」がでてこなくてエレクションって言ったり笑多分あんまりよくないですよね...笑

 

でもまだ日本語でも通用する英単語だからセーフかな。私が面接官だったら、カタカナたくさん使ってくる学生なんて嫌ですもん笑

 

たまに日本語でてこなくなるの本当に危ない...

 

たくさん質問をされたんですけど、1つの質問につっかえてしまったのでそのことを書こうと思います。

 

その質問というのが、

 

あなたの弱みを3つあげてください

 

っていうもの。

 

全然パーフェクトヒューマンじゃないんですけど、2つしか思いつかなくて、しかも1つ目は別に言わなくてもよかった...って後悔しているもの。

 

1つ目に言ったのが、自分の意見をなんでも言ってしまうところがあるからたまに相手を傷つけてしまうことがある。

 

2つ目が、あまり自分のことを相手に話すのが得意じゃないから悩みを抱え込んじゃうことがある。

 

3つ目は正直に思いつきませんっていいました笑

面接官の方も優しくて、この質問をしたときに3つすぐに答えられる人はいないから大丈夫。人間、自分の弱みなんて常に意識して考えていないから。でもあえて自分の弱みを考えて注意しながら生活していくとより成長できるからやってみて。って。

 

2つ目の弱みは結構深刻な時があります。

特に大学の試験や勉強が大変な時は1週間人と話さないときとかもあります。ルームメイトはGPA4.0目指してたり、インターンや就活以前にバイトが決まらないって病んでたり私より深刻な大学生活を送っているので相談相手って感じじゃないし笑

 

あと多分あんまり弱みを見せたくないんですね。

別に全然完璧じゃないけど、承認欲求っていうのは結構あるほうで、それを得るには弱みを見せられないわけで。人間、すごいねって言われたり、慕われたりするのは嫌じゃないじゃないですか笑

 

でもなんか最近は、その周りからの声が重圧になっていたり。もう「すごいよね」とか「就活余裕でしょ」とか言わないでっていう矛盾。笑

 

多分本当に自分のことを話せるのは両親と、友達3人だけだと思います。

この3人には本当に助けられています。アドバイスとかしてくれるってよりかは話を何も言わずに聞いてくれるんです。聞き上手って本当にすごい。

ありがたいですね。

 

昨日も久しぶりにお母さんと1時間以上電話をして号泣しました笑

お母さんの声って聞くだけで泣けてきます。

母は偉大ですね。

お母さんも電話越しに泣いてて、なんで、泣いてるの!?っていうただのカオスな親子のLINE電話でした。笑

 

最近はインターンの面接やESを書いたりすることが多くて、自己分析をするたびに今の現状に満足できていない自分を見つけてしまったりして、うわーーってなります(語彙力笑)

 

自分の弱みをもうちょっと周りに見せられたら楽になるのかなって思ったり。

 

難しいですね。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

ランキング参加してます!

質問、メッセージ、読者登録よろしくお願いします💓
 
 
Sarahahでも質問受け付けています:)

f:id:ailion0323:20180612131439g:plain

 
ブログ用のインスタグラムを作りました!
更新情報や、私の普段の生活をアップしようと思っています:)
よろしければフォローお願いします😉

 

<お知らせ>

高校留学に特化したメディアを作りました!

詳細はこちらから

ailion-toronto.hateblo.jp

 

よろしければフォローお願いします😉