トロント大学カナダ留学日記2016〜

2016年の9月からカナダのトロント大学に進学している女子大生です! 統計学、メディア学専攻です。 これからの4年間の大学生活のことを綴っています!

1月の読書記録

以前インスタで質問を募集したときに、「オススメの本を教えてください!」という質問をいただいたので、今月から毎月読んだ本を紹介していこうかなと思います!

なかなか大学が忙しくなると本を読む時間がないんですけど(YouTubeを見る時間はあるのに、はぁ。笑)毎月2冊は必ず読めていると思うので多分このコーナーは継続してできるでしょう!笑

 

1月は冬休みもあったので、まあまあ読めました!4冊ですが、、笑

 

小説

沈黙のパレード:東野圭吾

f:id:ailion0323:20190204134230j:plain

 

なぜかお父さんがクリスマスプレゼントとしてくれた本です笑

東野圭吾さんの本は新刊が出るたびほぼ毎回買っています。

 

ガリレオシリーズの長編5作目です!

 

【あらすじ】

突然行方不明になった町の人気娘・佐織が、数年後に遺体となって発見された。
容疑者はかつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。
だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。
さらにその男が、堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を「憎悪と義憤」の空気が覆う。

かつて、佐織が町中を熱狂させた秋祭りの季節がやってきた。
パレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたか。
殺害方法は?アリバイトリックは?

 

毎回最後まで展開が読めないんですけど、今回の新作は、中盤で「あ〜結局この人なんでしょ犯人。」ってドヤ顔で読んでたのに、結局今回も最後の最後でどんでん返し。笑

 

悔しい...笑

 

次の作品も楽しみです!

 

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 

プリズム:百田尚樹

f:id:ailion0323:20190204134844j:plain

 

【あらすじ】

「僕は、実際には存在しない男なんです」世田谷に古い洋館を構えるある家に、家庭教師として通うことになった聡子。ある日、聡子の前に、屋敷の離れに住む謎の青年が現れる。青年はときに攻撃的で荒々しい言葉を吐き、ときに女たらしのように馴れ馴れしくキスを迫り、ときに男らしく紳士的に振る舞った。激しく変化する青年の態度に困惑しながらも、聡子はいつして彼に惹かれていく。しかし彼の哀しい秘密を知った聡子は、結ばれざる運命に翻弄され―。

 

多重人格と不倫というかなり私にとっては非現実的なトピックで面白かったです笑

多重人格になるメカニズムとかの説明もきちんと書かれていて読みやすかったです。

最後は切ない、、、悲しい。

 

プリズム (幻冬舎文庫)

プリズム (幻冬舎文庫)

 

 

百田尚樹さんの本はいろんなジャンルがあって飽きないし、描写が好きです。

 

百田さんの本の中では、「海賊とよばれた男」「永遠のゼロ」「ボックス」が好きです。結構ある...笑

 

ちなみに、ボックス!は高校ボクシング部が舞台の青春小説ですごく面白いし感動するし、映画化も市原隼人高良健吾のダブル主演でかっこいいのでおすすめです!笑

 

海賊と呼ばれた男と、永遠のゼロは、映画より小説推しです....

 

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 
海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫)

 
海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

海賊とよばれた男(下) (講談社文庫)

 
ボックス!

ボックス!

 

 

ビジネス書

仕事。:川村元気

f:id:ailion0323:20190204140353j:plain

 

お母さんが飛行機の中で読んでねってトロントに帰るときに渡してくれた本。

 

タイトルが、「仕事。」とシンプルで、まあ冬休みに就職のことで少し悩んでいたので渡してくれたんだと思います。

 

【内容】

「私と同じ年の頃、何をしていましたか?」
「悩んだとき、どう乗り越えましたか?」
川村元気が12人の巨匠に学んだ、仕事で人生を面白くする力!

大人になってからのほとんどの時間、僕らは仕事をしている。
だとしたら僕は人生を楽しくするための仕事がしたい――。
映画プロデューサー、作家として躍進を続ける川村元気が、
仕事で世界を面白くしてきた12人の巨匠に聞いた「壁を乗り越え、一歩抜け出す」唯一無二の仕事術!

 

電車男」「モテキ」「君の名は。」などのヒット作品の映画プロデューサーとして有名な川村元気さんが日本を代表する巨匠に30代のころどのような生活をしていて、どのようなことを考えていたかなどをインタビューした内容が書かれています。

 

山田洋次秋元康宮崎駿篠山紀信などなど本当に日本人なら誰でも知っているような業界人の若いときの話って本当に内容が濃い!

 

かなり学ぶことが多かったです。

 

どの年代のひとも1度は読む価値ありな濃い内容でした。

 

ネタバレになるのであまり書きませんね。

オススメです。

 

仕事。 (文春文庫)

仕事。 (文春文庫)

 

 

過剰な二人:林真理子見城徹

f:id:ailion0323:20190204141247j:plain

 

【内容】

16年間の絶縁期間を経て、また、二人の関係が始まった。二人は、いかにしてコンプレックスと自己顕示欲を人生のパワーに昇華させてきたのか。才能を見出し、見出され、また刺激し、磨き上げていく編集者と作家の関係が、濃密な名言の応酬となって一冊に凝縮された、文学史上前例のない、とてつもない人生バイブル!

 

今月はなぜかこうゆう対談形式のエッセイみたいな本を2冊も読んだんですけど、実はこうゆうのは初めて読んだんです。

雑誌とかの対談みたいなのは読んだことあるけど、本として完成されたものを読むのは初めてでした。

 

今成功している人でも最初はたくさん苦労があるのは当たり前で、それでも前に進もうという努力を積み重ねて今があるということがよく伝わってくる本でした。

 

でも努力の仕方が本当に他人には真似できないほど。

私もがんばらないとなと思った本でした。

 

過剰な二人 (講談社文庫)

過剰な二人 (講談社文庫)

 

 

 

 

 

今月はこの4冊を読みました。

よくよく考えると、4冊中3冊は両親がくれた本でした笑

ありがたいですね!

意外と本って高いですし!笑

 

2月は春休みがあるのでまたいくつか読みたいと思います:)

  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ランキング参加してます!

質問、メッセージ、読者登録よろしくお願いします💓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

 

<お知らせ>

オンラインで個別相談やっています:) もし何か相談にのってほしい、私と話してみたい笑という方がいれば是非!

www.timeticket.jp

 
世界各国の高校、大学に留学している友達たちと共同ブログを始めました!こちらも是非! 

studyabroadstories.hatenablog.com

 
ブログ用のインスタグラムを作りました!
更新情報や、私の普段の生活をアップしようと思っています:)
よろしければフォローお願いします😉

@ailiontoronto