トロント大学カナダ留学日記2016〜

2016年の9月からカナダのトロント大学に進学している女子大生です! 統計学、メディア学専攻です。 これからの4年間の大学生活のことを綴っています!

なんでうちなのかがわからなかった

     f:id:ailion0323:20190613015555j:plain


タイトルで察する方もいるかもしれませんが、就活1社から今日お祈りお電話をいただきました。

 

私はトータルで5社受けていて、2社は去年の11月のボスキャリ時点で落ちて、1社内定いただいて、2社は6月に最終選考があるという形なんですね。

 

で、残っている2社のうち1社の某〇〇〇〇という商社の最終面接が先週あって受けて来ました。

 

で、今日「残念ながら、、、、」というお電話を頂いたというわけです。

 

電話をくださった方が私の1次面接を担当してくださった人事の方でボスキャリ以降も色々と親身にしてくださっていたので、もういいかなって思って直接「受からなかった要因教えていただけますか?」って聞きました。

 

そしたら、「面接の評価は高かったけど、なんでうちなのかがはっきりとはわからなかった」と。

 

まあ、そこだよね。って正直納得しました。

 

私は去年の9月、大学3年生の時に就活をなんとなく初めたので、結構業界や職種を絞らないで幅広くみてたんですね。

 

大学にキャンパスリクルーティングに来てくれる会社はよっぽど向いてないんじゃないかなって思う会社以外はほぼほぼ受けました。

 

なので正直商社でこれがしたい!!みたいなはっきりとした志望動機はなくて、誰でも言えるような志望動機だったし、正直ここまで残れたのが不思議なくらい。笑

 

なので今回受からなかったこと、悔いはない。

 

ただ、「なんでうちなのかがわからなかった」っていう回答が少しひっかかる。

 

というのも、そんなのわからなくない?って。

 

だって、会社説明会を受けたのは去年の9月。

OBOG訪問したいけど、トロントにいるし、そもそもOBOGがいない。

話を聞ける人がいない。

もっと商社ってこうゆう仕事なんだっていうイメージ掴みたいけど、インターンの募集かけてない。

 

どうやって、「なんでうちなのか」の答えを導きだせばいいんだろう。

 

確かに、「なんでうちなのか」をロジカルにはっきり自信を持って言える人は本当に〇〇〇〇に入りたい人だろうし、内定を蹴るということはないだろうし、私みたいにその答えをはっきり言えなかった人と比べたら一緒に働きたいと思うのかもしれない。

 

でも、「なんでうちなのか」の理由は定かではないけど面白そうだからとってみよって思ってもらいたかったなぁっていうただの負け犬の遠吠えです。笑

 

ただ第一志望の会社は「なんでうちなのか」がはっきりと言えるので、やっぱり興味のありなしなんだろうなっておもったり。

 

やっぱり第一志望のところを本当に頑張ろうっていうモチベになったのでまあいいかな笑

 

でもやっぱ地味にショックですよね。

あー久しぶりのこの感じ。

 

とりあえず寝よ。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ランキング参加してます!

質問、メッセージ、読者登録よろしくお願いします💓

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村

 

 
ブログ用のインスタグラムを作りました!
更新情報や、私の普段の生活をアップしようと思っています:)
よろしければフォローお願いします😉

@ailiontoronto

<お知らせ>

オンラインで個別相談やっています:) もし何か相談にのってほしい、私と話してみたい笑という方がいれば是非!

www.timeticket.jp

 
世界各国の高校、大学に留学している友達たちと共同ブログを始めました!こちらも是非! 

studyabroadstories.hatenablog.com